【飲食業界の現状について】バル業態の苦戦

【飲食業界の現状について】バル業態の苦戦

 

あんなに人気だったのに、閑古鳥が泣いています。ガラガラです。

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、混雑は避ける。密着は避けるようになっています。

 

バルのように閉鎖した空間で、かなり近い間隔で飲んだり、食べたりするのは危険です。そのため、お客様が利用を控えられています。

 

狭くて密度が高く、効率的な店だったのに、今はそれが逆効果になっています。

 

そのため、店頭で弁当を販売されている店まで出てきています。

 

閉店・休業を考えられている店もあるかもしれません。

 

新型コロナウイルスが収束するまでは、厳しいと思います。