【お米屋さんへの売上アップの提案について】お米屋さんは高い米を売ろう!

【お米屋さんへの売上アップの提案について】お米屋さんは高い米を売ろう!

 

高い米を売るというのは、高く売る、粗利を高くして売るという意味ではないです。

 

価格が高い米、高級米を売るということです。この方法は、30年前も今も変わっていません。

 

30年前に、お米屋さん向けのコンサルタントを始めて、セミナーを開催しました。100名以上の方に参加いただきました。

 

その中の1件のお米屋さんから声がかかり、すぐにコンサルティングをして欲しいと依頼がありました。

 

競合状況をお聞きすると、その当時、米のディスカウンターがあちこちにでき、安い米がどんどん売れていました。

 

しかし、同じようなことはアドバイスしません。安く売らないことを社長と約束しました。

 

そこで、全く逆の高い米を売る戦略を取りました。10㎏7,500円を超える米です。魚沼や新潟産のおいしい米でオリジナルブランド米を作って販売しました。

 

そうすると、市内で一番高い米を販売していると聞きつけたラジオの取材が入り、そこから爆発的に売れました。

 

だから、その店には、安い米は並んでいません。

 

今でも順調に商売を伸ばされています。

 

安く売るのは簡単。でも、必ずいつかしっぺ返しがきます。

 

高い米の売り方の研究、毎日行っています。最近、行き着いたのが、ブログを使って、子の高い米を売るという方法です。

 

これから生き残って行くお米屋さんは、この高い米が売れるかどうかが鍵です。