【新型コロナウイルス感染拡大の影響で心配なこと】後ろ向きになっている経営者が多い。経営はどんなことがあっても前向きでないと良くないです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で心配なこと】後ろ向きになっている経営者が多い。経営はどんなことがあっても前向きでないと良くないです。

 

経営者のやる気が大切です。新型コロナウイルスの件で、みんな後ろ向きになっています。収束するまでは待とう。そんな感じです。

 

しかし、経営者が後ろ向きになったり、委縮してしまうと、経営が悪化します。こんな時こそ、前向きに新しいものを見つけるべきです。

 

勉強会なども中止や延期ではなく、少人数でも行うべきです。

 

例えば、今年、新入社員研修を行わなかった会社は、3年後ツケが回ってきます。だから、人の教育を止めてはいけません。

 

同様に、勉強の場を控えるようになると、その会社の未来は厳しくなります。

 

こんな時こそ、学ぶ機会を作りましょう。それが、これから大きな差になって行きます。

 

でも、大阪も厳しいのではないですかとよく質問がありますが、こんな時に過去最高益を出されている会社があります。そこから学ぶのです。そういう気概がないと、経営は上手く行きません。

 

どんなことが起きても、全部が良くなくなるとうのはないです。必ず、少数でも伸びているところが出てきます。そこに、これからの成長のヒントが隠されています。

 

前を向く、それが今、経営者にとって大事なことだと思います。