【和菓子専門店・洋菓子専門店の経営課題について】米の販売はできないか?

【和菓子専門店・洋菓子専門店の経営課題について】米の販売はできないか?

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、箱菓子が売れていません。特に、観光客向けの商品が大きな打撃を受けています。

 

特に、贅沢品と思われものは、控えられています。しかし、このままで売上はどんどん下がって行くでしょう。

 

それを食い止める手はないか?

米の販売はどうでしょうか?どんな小売業でも、米の販売のチャンスです。

 

ただし、ストーリーが必要です。米粉のお菓子などを作り、米に関心があることをお客様に伝えないといけません。

 

今後さらに健康志向が進むと、トランス脂肪酸ショートニングと言ったことが問題になるかもしれません。

 

だから、次の商品を開発すべきです。

 

大阪を中心に店舗展開されている流通菓子専門店も昔、米を販売されて売上を急激に伸ばされたことがありました。FC加盟店様から扱いを認めて欲しいという依頼があったからです。

 

私が住んでいる町では、昨年からある漬物専門店が米を販売され、順調に売れているようです。漬物は食品スーパー商品になっているため、あらたな切り口で商売を伸ばされています。

 

さて、菓子専門店で米を真剣に扱ってみませんか?

特に、パッケージやデザインが強いため、お米ギフトなどの開発はすぐにできると思います。

 

後は、米をどうやって仕入れるのか?

白米を売るのか、玄米を店頭精米して売るのか?

 

こういう場は、米専門のコンサルタントにアドバイスしてもらうのが良いです。

もし、米の販売に興味のある方は、弊社までお気軽に問い合わせ下さい。

よろしくお願いします。