【業務用米をメインとしていたお米屋さんの経営戦略について】飲食店が営業自粛で業務用米が売れない。一般家庭用の米の販売に力を入れることはできないか?

【業務用米をメインとしていたお米屋さんの経営戦略について】飲食店が営業自粛で業務用米が売れない。一般家庭用の米の販売に力を入れることはできないか?

 

居酒屋業態などは、一斉に営業自粛です。そうすると、そういう店に米を納品していたお米屋さんは大ピンチです。売上は、何分の1かになります。

 

また、小さな飲食店では、今回の件で営業再開を断念し、閉店・廃業されるところが増えると思います。

 

業務用米をメインにしていたお米屋さん、今までは調子が良かったですが、何か考えないと、売上が減って行く一方です。

 

そこで、考えられるのが、一般家庭用の米の販売です。今はこのターゲットの米が爆発的に売れています。

 

ただし、仕入れが問題です。一般的に業務用米と一般消費者用の米の仕入れは違います。

 

業務用米の米をそのまま一般消費者用の米として販売はできますが、ブランド力がないと売れません。価格競争だけになると、利益が取れません。

 

売る仕掛けは、簡単です。ネットやSNSを使えば可能です。このどんな米を売るかが鍵です。

 

一般消費者向けの玄米の仕入れ、それができるかどうかです。