【新型コロナウイルス感染拡大の影響における新しい商売について】1年間限定で米屋はできないか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響における新しい商売について】1年間限定で米屋はできないか?

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米が物凄く売れています。米パニックになった食品スーパーもあるくらいです。また、この状況が続いています。コロナウイルスは、長期戦になるとの予想も出ています。

 

そうすると、1年間限定で米屋はできないか?と考える人も出て来ると思います。

ただし、立地が大事です。繁盛している食品スーパーの近くでないと厳しいです。ポツンと町中に店を出したり、郊外店では、来店されません。

 

また、30年前に流行った、米のディスカウンターもありかもしれません。

 

それと、ネットショップをやられている方が、米をそこで販売するとうことも考えられます。

 

元々、米は余っています。工夫すれば、どこからでも仕入れが可能です。

 

後は、コロナウイルスが収束すれば、このビジネスは終わりです。だから、やるとしても1年限定でやること。

 

後は、短期決戦です。上手く物件がみつかるかどうか、そこにかかっています。

 

でも、チャンスは間違いないです。