【新型コロナウイルス感染拡大の影響における居酒屋チェーン店の対応について】加盟店を助けるための商品開発と売上アップの提案ができること

新型コロナウイルス感染拡大の影響における居酒屋チェーン店の対応について】加盟店を助けるための商品開発と売上アップの提案ができること

 

大手居酒屋チェーン店は、すでに直営店はすべて休業されています。早い対応でした。

 

ところが、加盟店は、生活のこともあるため、自主的に判断するようになっています。

 

しかし、今までと同じ営業スタイルで、営業時間だけ短縮しても厳しくなるだけです。売上の見込みは立ちません。

 

こういう時こそ、売れる商品開発や新たな営業スタイルを提案してあげて欲しいです。

 

例えば、売れる弁当・テイクアウト商品。業態を定食屋や食堂にする。1日中、ランチメニューの店にする。アイデアは、いろいろあると思います。すべて、本部次第です。

 

休業したり、自粛するのは簡単。営業を続けながら、どうやって売上を上げるかです。

 

一時休業して、収束したら、また再開では、売れないでしょう。何かを変えて、対応策を変えて行くことが大事です。

 

私の予測や提案では、飲食店は今後、弁当やテイクアウトに力を入れ、宅配も視野に入れるべきです。店内飲食だけの商売では、もうなくなってきています。

 

頼れる本部になっているかどうか、そこを期待されています。

 

でも、こういう時こそ、新しいものが生まれてきます。チャンスです。

 

前向きに戦略を考えましょう。