【お米屋さんの経営課題について】負の連鎖。飲食店の売上が下がったり、閉店

・廃業が増えるとお米屋さんも売上が大きくダウンする。

 

飲食店が、閉店・廃業できるのはまだ幸せな方です。みんな、借金をして店を経営されていますので、店をなんとか続けないといけません。

 

しかし、元の売上に戻すのは、1年以上かかるかもしれません。

 

そうすると、業務用米の注文・納品が激減する恐れがあります。

 

飲食店頼りだったお米屋さんの経営は、圧迫されます。

 

もし、米屋を続けるのなら、一般消費者向けの米の販売で売上をカバーすることを考えて下さい。

 

一般消費者向けの米は、食品スーパーなどで販売されている安い米ではなく、こだわりの高級米で粗利の取れる米です。

 

この米を店頭ではなく、ネットで売って行きます。

 

今は、安い米に注目されていますが、お米やごはんの大切さに気付いた方が、こういうお米を買われます。

 

また、家庭で食事をする機会が増え、ちょっとした贅沢が家でこだわりの高級米を食べることになっています。

 

負の連鎖を防ぐことも考えて下さい。

 

小さな飲食店に余力は残っていません。