【飲食店の新型コロナウイルス感染拡大の終息後の対策について】ごはんをおいしくする

【飲食店の新型コロナウイルス感染拡大の終息後の対策について】ごはんをおいしくする

 

お客様の口が肥え、安くてもごはんがおいしくないと来店されません。弁当やテイクアウトでも同じです。

 

特に、家に買って帰った弁当のごはんは、よくわかります。ちゃんと丁寧に炊いているかどうか、どういう米を使っているか、日本人なら一番気になるところです。

 

そうすると、もし今回の件が終息したら、営業再開後の戦略を考えないといけません。

 

例えば、テイクアウトでごはんだけ買って帰られるようなお客様を作ることが大事です。

 

そのためには、使用する米の見直しが大事です。ごはんを大切に考えるならば、無洗米は使わないこと。味気なく、人気がないからです。

 

ひょっとすると、高い米を使っている店ほど、客数が増えるかもしれません。

 

今のうちに、米の見直しを考えて下さい。

 

ごはんがおいしい店、それが繁盛店の近道です。