【飲食店の新型コロナウイルス感染拡大の影響における対策について】営業再開後の企画あるいは5月の連休中の企画を考える

【飲食店の新型コロナウイルス感染拡大の影響における対策について】営業再開後の企画あるいは5月の連休中の企画を考える

 

営業自粛でもらえるお金のことを考えるよりも、もっと前向きな考えをする。

 

例えば、弊社のお付き合い先の方は、営業再開後の企画や5月の連休中の企画のアドバイスを欲しいとおっしゃいます。

 

今回の件で、営業を自粛すれば、一部国からお金がもらえるかもしれませんが、数十万円、100万円では、店舗経営されている方にとっては、ほんの少しにしかなりません。

 

そのお金がもらえるかどうかよりも、売上を上げることを考えましょう。今は、その準備期間です。

 

それに、収束した後の営業再開だけでなく、5月の連休に売ってやろうという方もおられます。

 

飲食店が、1か月も店を閉めるとたいへんです。客様に忘れられてしまいます。

 

お客様も自粛に飽きて、何かおいしいものでも食べたいと思っておられます。

 

だから、そういう場合は、常連客様だけの完全予約制で店を開けるという方法もあります。

 

もし、名簿などがあれば、案内をかけて下さい。あるいは、この企画のことをSNSでそっとつぶやいて下さい。

 

「常連様限定で、5月の連休中、そっと食事ができるようにご用意させていただきます」というような感じです。

 

負けないで下さい。後ろ向きにならないで下さい。前を向きましょう。

 

どんな小さなことでもOKです。DM下さい。お返事させていただきます。

 

コンサルタントは、今一番、質問・相談が多くなっています。