【食品スーパーの新型コロナウイルス感染拡大の影響の風景について】あの店なら、安くしているだろう、特売の商品があるだろうとういうイメージだけで大繁盛!

【食品スーパーの新型コロナウイルス感染拡大の影響の風景について】あの店なら、安くしているだろう、特売の商品があるだろうとういうイメージだけで大繁盛!

 

各社、新聞折込チラシを自粛しています。大阪では、チラシを見て店に行くのが楽しみにされている方が多いです。私も新聞よりもチラシに興味があります。どこで一番安く売っているかを見て、店を決めます。商品ごとの最安値は、メモに取らなくても、すべて頭の中にあります。

 

さて、今回のこのチラシが休止し、残念がっておられる方がいます。しかし、あの店なら、安くしているだろう、特売の商品があるだろうとういうイメージだけで来店されている店があります。

 

元々、安く売っておられた店は、大繁盛、大行列です。お客様のイメージというのは凄いです。だから、物凄く差が付いています。

 

それに、店側も期待に応えようと頑張っておられます。いつも以上の特売商品が出ています。

 

でも、食品スーパー側としては、かなり儲かります。チラシを入れていなくて、こんなに売れたら、過去最高売上、過去最高益は間違いないでしょう。

 

今年は、食品スーパーの一人勝ちかもしれません。

 

安く売っている店、そこに光が当たっています。