【飲食店の新型コロナウイルス対策について】危機的な状況下においては、いつもと違う。常識とは違うことを考える

【飲食店の新型コロナウイルス対策について】危機的な状況下においては、いつもと違う。常識とは違うことを考える

 

例えば、常連客という切り口で考えてみる。

なぜかと言いますと、今回の件で、東京や大阪から来られるお客様が怖い。できたら、いつもお越しいただいている常連客だけでしばらく営業したいという飲食店様が増えているからです。

 

では、どういうことが考えられるか?

 

常連客だけの営業。

常連客向けの特別な弁当の販売。

常連客だけの弁当の配達。

常連客向けの特別オードブルの販売。

常連客にしか情報を流さない。

常連客しか利用できない。

常連客しか予約ができない。

 

売上は下がっても、安全の方が大事です。

 

だから、今までの飲食店とは違う、全く新しい発想の商売が出て来るかもしれません。

 

ここまできつくならないと、こんな発想は出てきません。

 

こういう時こそ、常識に反することも考えてみて下さい。