【飲食店の新型コロナウイルスに対応した営業スタイルについて】予約しないと店内飲食ができないルール

【飲食店の新型コロナウイルスに対応した営業スタイルについて】予約しないと店内飲食ができないルール

 

本当に、東京や大阪から来られるお客様のことを気にされる店が増えてきています。ウイルスをまき散らされて、帰られるのは危険です。

 

そのため、しばらくは、店内飲食は完全予約制にされている店がでてきました。小さな店でも、かえってそのような対応をされています。

 

さらに、この予約も常連客しか受けられません。新規はすべてお断りされます。

 

安全な営業スタイル。みんな、それを考えています。

 

でも、この営業方法が定着するかもしれません。

 

今までは、いかに新規客を取るかという発想でしたが、それが限界に来ています。

 

安全が選択基準の1位になっています。

 

店の営業の仕方、見直した方が良いかもしれません。