【飲食店の新型コロナウイルス対策における弁当の販売戦略について】通常提供しているメニューを弁当にするだけでなく、真剣に店内提供以上の弁当を作る

【飲食店の新型コロナウイルス対策における弁当の販売戦略について】通常提供しているメニューを弁当にするだけでなく、真剣に店内提供以上の弁当を作る

 

売上が下がってきている。店内飲食が自粛。それを補うために弁当やテイクアウトを始める。

弁当の内容も、通常提供しているメニューを弁当で提供。

 

これでは、売れません。1回買っていただくだけで、リピートなしです。

 

弁当を販売する時は、真剣に内容を考えること。店内で提供するメニュー以上のものを弁当にして下さい。

 

もうあちこちで弁当の販売が行われています。そろそろ淘汰が始まるかもしれません。

 

お客様がびっくりするような弁当になっていないと継続して売れません。

 

今一度、ブラッシュアップして下さい。

 

「お弁当がさらにおいしくなりました」と告知することが大事です。