【お米屋さんの経営課題について】こだわり過ぎる米よりも売れる米を探して売る

【お米屋さんの経営課題について】こだわり過ぎる米よりも売れる米を探して売る

 

お伺いさせていただき、お米を見せていただくと、こだわり過ぎていると思われる米がズラリと並んでいます。

 

特に栽培方法にこだわった米は売りづらいです。なかなか、消費者に理解されないからです。

 

お客様は、栽培方法ではなく、口に入れておいしいかどうかで評価されます。

 

だから、違った方向に行くと売上が上がりません。

 

時流に合わせて、その時のニーズに合った米を売って行くのが良いです。

 

滅茶苦茶おいしい新品種の米、出てきています。私流に言わせていただくと、インパクト米です。

 

単品で十分売れる米です。価格もやや高く、粗利の取れる米です。

 

こういう米を探して売るのが得策です。

 

結局、商売としては、売れる米を売った方が良いと思います。