【消費者目線のデリバリーについて】デリバリーになると高い!

【消費者目線のデリバリーについて】デリバリーになると高い!

 

どの店もテイクアウトとデリバリーの価格を変えておられます。デリバリーになると1個500円高くなる。そんな設定をよく見ます。

 

そうすると、弁当1個なのに、こんなに高いのぉということが起こります。そのことに気づいた方は注文されません。どうしても、デリバリーでないといけないという方しか利用されないというのが現実です。

 

それと、リーズナブルな弁当では採算が合いません。1個1,000円を超える弁当が売れるかどうかが鍵です。

 

また、お一人様のデリバリーでは、単価が上がりません。これも一つの課題です。

 

どの事業でも配達コストが大きな問題となっています。

 

お客様は、普通の価格、いつも価格をよくご存知です。どうしても注文して食べたいというものでないとデリバリーは使わないでしょう。

 

デリバリー料を含んだ、ちょっと高めに設定された価格、ここに大きなハードルがあるようです。