【飲食店経営の変化について】多店舗化からいろんな事業への参入へ

【飲食店経営の変化について】多店舗化からいろんな事業への参入へ

 

店を増やす、店が増えれば効率的になり、原価も下がる。それが、飲食業界における一般常識でした。

 

ところが、ちょっとしたことで売上は下がり、店が多いことが不利になります。当然、会社も危うくなります。

 

そのため、店は本店だけに絞り、他の事業への参入を考えられます。

 

例えば、宅配ビジネスです。こちらは物凄く伸びています。それに、コストがかかりません。今提供している料理の延長だからです。

 

さらに、通販商品を開発して、そちらを伸ばそうとされる方も出てきています。通販の場合、客数や売上の上限はないです。当たると大きいです。

 

店が増えれば増えるほど、管理が必要になり、コスト高になります。

 

店を増やさないというビジネスモデルが一番固いかもしれません。

 

店の数だけ自慢?

否、いくつの事業を持っているかが大事です。

 

いろんな店をやってみたいという夢から、いろんな事業をやってみたいというふうに変わってきています。

 

この時代の流れをつかんだ方が、飛躍されるような気がします。