【在宅ワークが進むと飲食店の売上が下がる理由】オフィス街に人がいなくなり、その分、売上が下がる。そのための対策は?

在宅ワークが進むと飲食店の売上が下がる理由】オフィス街に人がいなくなり、その分、売上が下がる。そのための対策は?

 

例えば、在宅ワークが10%でも進めば、オフィス街の人が10%減ることになります。その減った分、外食しない人が増えるということです。

 

世の中では、在宅ワークが増え、働き方改革ができ、良いように見えますが、飲食店にとっては死活問題です。

 

弁当の宅配やデリバリーを行っていかないと、この減った分を補えません。

 

あるいは、通販商品を開発するということなども考える必要があります。

 

これから先、在宅ワークがさらに進むと思われます。

 

だから、飲食店の客数は徐々に減って行きます。

 

ランチだけでなく、終業後の居酒屋への立ち寄りなども減ります。

 

このことを想定して、経営を行う必要があります。

 

飲食店にとっては、在宅ワークが最強の壁になります。