【会社経営の変化について】一等地からの移転

【会社経営の変化について】一等地からの移転

 

新型コロナウイルスの影響で、国が在宅ワークをすすめました。そのため、大手企業から在宅ワークに切り替えました。

 

そうすると、家賃の高い会社や事務所、必要なのかなぁと思うようになります。

 

特に、IT企業は、100%在宅ワークになったというところも出てきています。そういう会社は、事務所の契約を解除して、事務所なしでこれから事業運営をするそうです。

 

これが、新しい時代の経営の仕方です。

 

一等地に本社ビルがあるというのは、もう自慢になりません。高コストの経営をしているだけです。

 

それに、今回の件で、コスト削減が必要です。しかし、人件費は削減できません。しかし、家賃の削減はできるはずです。

 

家賃が安いところに移転する。出社も10分の1以下の社員が交代で出社すれば良い状態を作れば、大きな本社や事務所はいりません。

 

これから、こういう発想で本社を作るべきです。

 

パソコン1台あれば、仕事ができる時代です。早く動いて下さい。少しでも家賃が安くところを探して下さい。それに、事務所を小さくして下さい。

 

一つ新しい経営法が見つかったような気がします。