【サービスエリア・パーキングエリアの倒産について】ビジネスモデルの変化に対応できるか?

【サービスエリア・パーキングエリアの倒産について】ビジネスモデルの変化に対応できるか?

 

ついに、新型コロナウイルス感染拡大の件で倒産が出たようです。

 

観光客は来ず、利用率がかなり減っています。

 

それに、市中でも言えることですが、今回の件で箱菓子が売れなくなっています。各観光地が半額で販売しても在庫がはけません。

 

箱菓子を大量に買っていただくというビジネスモデルが利かなくなっています。

 

それと、サービスエリア・パーキングエリアの高級化路線が裏目に出ています。デパ地下を目指して、リニューアルしたため高いと感じられ、敬遠されています。

 

もう、昔のような売れ方はしないかもしれません。

 

時代に合ったビジネスモデルを模索する必要があります。

 

まだまだ、窮状に陥るところが出て来るような気がします。

 

ひょっとすると、一番危ない業態かも・・・・