【新型コロナウイルスで苦戦している商品について】土産物用として開発された箱菓子の行方

新型コロナウイルスで苦戦している商品について】土産物用として開発された箱菓子の行方

 

日本全国、箱菓子が売れていません。外出自粛で旅行をしなくなったため、土産物がほとんど売れていません。

 

それに、元々、観光客用に作った商品なので、地元では売りづらい商品です。箱菓子など、地元のスーパーなどで販売されていますが、一時的です。いつも同じ商品が並んでいると飽きるからです。

 

特に、土産物用として開発された商品ほど、売りづらいです。土産物の匂いがするからです。

 

これからも旅行の需要が戻ってくるのは緩やかです。だから、まだまだ苦戦するでしょう。

 

そうすると、違った方向の商品も考える必要があります。

 

例えば、それはネットで売れる商品です。

 

自粛していてもネットは見ます。ネットで取り寄せます。そこで、ヒットするような商品を作らないと売上は伸びません。

 

大量に生産して、売店に大量陳列して販売をするというビジネスモデルが通用しなくなっています。

 

今から、次のビジネスモデルの準備をするべきです。

 

この危機をチャンスに変えれるかどうか、そこが鍵です。