【新型コロナウイルスによる新しい生活様式の対応について】鍋料理専門店・中華料理専門店の閉店・撤退

新型コロナウイルスによる新しい生活様式の対応について】鍋料理専門店・中華料理専門店の閉店・撤退

 

一人鍋にして営業する?

大皿は廃止して、個別に盛り付けて提供する?

 

やろうと思えばできますが、手間とコストがかかります。それに、魅力が半減します。

 

さらに、このやり方では宴会が取れません。それに、国から大人数で食事することを自粛要請がかかっています。

 

飲食業では、この宴会の売上が大きく、少しでも宴会を取ろうと努力してきました。ところが、それができなくなるとたいへんです。

 

そのため、閉店・撤退が始まっています。少なくとも今冬の宴会は、取れないでしょう。

 

売上は激減し、新しい営業スタイルが見つかるかどうか?

宴会なしで、売上を上げるのは難しいです。

 

だから、早めにジャッジされるところが増えています。

 

今は何とか営業できても、この新しい生活様式が定着してしまうと、飲食店のあり方そのものを変えないといけません。

 

利益が出ないと判断したら、次のチャンスを待つが良いかもしれません。