【飲食店の新型コロナウイルス対策について】なぜ、弁当を売れるようにした方が良いのか?

【飲食店の新型コロナウイルス対策について】なぜ、弁当を売れるようにした方が良いのか?

 

緊急事態宣言が解除されても、新しい生活様式を守らないといけません。しかし、このやり方では、客席数を半分以下にして、大人数での食事を控えないといけないため、売上は半分以下に激減します。いくら、営業時間が延長されても、もう元の売上には戻りません。

 

そうすると、店内飲食以外のところで売上を上げる必要があります。そのためには、最近始められた、弁当・テイクアウトで売上を上げること。できれば、デリバリーなしで、店頭だけで売上を上げる。

 

売上目標は、1日100個の弁当の販売です。これが軌道に乗ると、経営は楽になります。

 

弁当屋さんになりますと言って頑張っておられる方もいます。

 

弁当で活路を見出して下さい。飲食店経営だけでは厳しいです。それに、今の状態はしばらく続きます。

 

時代は変わったのです。どこで伸ばして行くかを考えないと、利益は出ません。

 

もっと真剣に弁当を考えるべきです。

 

弁当に目覚めた方が、勝つような気がします。