【新型コロナウイルスにおける旅行業の現実について】来年以降3割しかお客様は戻ってこない

新型コロナウイルスにおける旅行業の現実について】来年以降3割しかお客様は戻ってこない

 

旅行業には、厳しい現実があります。現在、予約はすべてキャンセルです。これからどうやって立て直して行くか?

 

県をまたいでの移動も自粛要請が出ているため、動けるのは県内だけです。もし、緊急事態宣言が、すべて解除されても、自粛ムードがあり、すぐに旅行とはならないです。

 

特に、バスツアーが再開されないと売上は上がりません。

 

それに、もし旅行が再開されても、来年以降3割しかお客様は戻ってこないという予測もあります。

 

今年だけでなく、来年以降も厳しい予測が出ています。

 

そのため、転職をすすめる会社も出てきています。これも一つの方法です。回復する見込みがあるなら良いですが、ちょっと厳しいです。

 

従業員の生活を守るためにも、一旦転職をすすめ、また旅行が復活したら再雇用というのもありかもしれません。

 

今を生きないといけません。そのための苦肉の策です。

 

旅行業は、大幅に縮小。それを早急にすすめないと、今度は復活が難しくなります。