【お米屋さんの今年のトレンドについて】健康志向よりも「生きる」です

【お米屋さんの今年のトレンドについて】健康志向よりも「生きる」です

 

最近は、かなり健康志向がブームになっていました。

 

ところが、新型コロナウイルスの影響で、風向きが変わってきています。一般消費者の思いは、健康志向よりも「生きる」です。

 

生きるために必要なものを買われます。また、何が必要なのか、厳しい目で選択されています。

 

米はたまたまこのトレンドに合っています。そのため、何度も米パニックが起こり、前年の3倍の売上になったところまで出てきています。

 

それに、いまだに食品スーパーやディスカウントスーパーでは、山積みにされた米がよく売れています。

 

このトレンドに乗って下さい。

 

さらに、芸能人がよく買い溜めしているセレブ米も売れています。家で贅沢をするには、ちょっと高めのおいしい米を炊くこと。

 

「生きる」というテーマに沿った商品が売れます。

 

飲食店向けの米の販売量は落ちると思いますが、それを一般消費者向けの米の販売でカバーして下さい。