【危機的状況化の脱出法について】民宿が手づくりのへしこを製造販売された!

【危機的状況化の脱出法について】民宿が手づくりのへしこを製造販売された!

 

ある地域の民宿が、原発が稼働しなくなり、原発関連のお客様がほぼ0になり経営が厳しくなりました。

 

夏は、観光客が海水浴目当てで宿泊されますが、それ以外の時は宿泊者はほぼいません。

 

さて、どうやってピンチを切り抜けたか?

その時、女性たちが立ち上がり、地元の特産品のへしこを製造販売されました。道の駅や食品スーパー、売店などにも自分で営業をかけて商品を置かせてもらいました。

 

また、商品を梱包する機械なども購入されて、新たなビジネスとして投資されました。

 

結局、今でも宿泊のお客様は戻ってきていませんが、へしこの製造販売は軌道に乗っています。

 

あの時、いくら宿泊客を増やそうと動いても結果は出なかったと思います。

 

目線を変えて、売れそうなもの見つける。

 

一人がやり出すと、みんな動き出します。

 

過去の経験則にとらわれず、広い目で何かを探す努力が大切です。