【米産地農家さんの不安について】今年は、お米屋さんが米を買ってくれるのだろうか?

【米産地農家さんの不安について】今年は、お米屋さんが米を買ってくれるのだろうか?

 

緊急事態宣言が発令され、県をまたぐ移動は自粛されていました。そのため、米産地の見学もあまり活発ではないです。まだ、視察に行っておられないお米屋さんも多いのではないでしょうか?

 

都会では、米パニックになるくらい、食品スーパーで米がよく売れました。一方、飲食店は自粛要請がかかり、まったく売上が立っていません。

 

営業再開しても売上は以前の半分以下という店が多いです。そのしわ寄せがお米屋さんに来ています。飲食店様からの米の注文がかなり減っています。

 

都会のお米屋さんの売上のほとんどが、町の飲食店様向けです。ここが大きな打撃を受けると、お米屋さんの売上も激減します。

 

だから、今年は、通年どおりお米屋さんが米を買ってくれるだろうかと心配な農家さんも多いと思います。

 

もしものことも考えて、自分でネット通販で米を売ることも考えられた方が良いかもしれません。

 

お米屋さんは、自宅兼店舗のところが多いため、倒産はないですが、経営はきつくなっています。

 

お米屋さん頼みからの脱却、これも必要な気がします。