【アフターコロナの風景について】欲しいもの・食べたいものを買う

【アフターコロナの風景について】欲しいもの・食べたいものを買う

 

朝一に、ホームセンターと食品スーパーに買い物に行ってきました。

 

大阪は、新型コロナウイルスの感染者数が、0が続いているため、もう少しで一旦は収束するかもしれないといわれています。

 

そのためか、人が多く外へ出ています。

 

ホームセンターや食品スーパーでは、レジが行列。10人くらい、ソーシャルディスタンスを守って並んでいます。

 

それに、緊急事態宣言の時とは、購入する商品が変わっています。欲しいもの・食べたいものを買っておられます。

 

必要なものだけを最小限買うという、自粛ムードはないです。

 

だから、カップラーメンや袋麺は、安くなっていても手に取りません。

 

みんな、足が向くのは、寿司売場です。暑くなってきていますので、寿司はぴったり。それに、主婦の方の一番の手抜き料理です。

 

でも、みなさんしっかりとマスクをされ、距離を開けておられます。

 

本当に日本人は凄いです。

 

少しずつ、平時に戻って欲しいです。