【新型コロナウイルスの影響について】法要の分散開催

新型コロナウイルスの影響について】法要の分散開催

 

お寺から手紙が届きました。新型コロナウイルスの影響で、今年は法要を分散開催されるそうです。

 

檀家すべてが一度に集まると三密になるため、1日3回、5日間に分けて行われるそうです。そのため、あらかじめ希望日時を記入して、返信するようになっています。

 

こんなところにも影響が出ています。でも、適切なやり方だと思います。ぎゅうぎゅう詰めの広間では、危険です。

 

しかし、和尚さんは15回もお経を読まないといけません。仕事だと言ってもたいへんです。

 

みんな、いろんなところで三密を防ぐことを考えておられるようです。

 

通常の生活の中でも、真剣に対処することが大事だと思います。