【地方都市のホテル旅館のアフターコロナ対策について】ケータリングを始めて切り抜けることができるか?

【地方都市のホテル旅館のアフターコロナ対策について】ケータリングを始めて切り抜けることができるか?

 

宿泊の落ち込みが激しく、緊急事態宣言が出されたころから、ケータリングを始めるホテル旅館が増えました。

 

ところが、価格を見ると高いです。正月のお節料理のようなハレの日価格です。

 

こういうのをやりたいという気持ちはわかりますが、売れないでしょう。

 

特に、ホテル旅館がネックになっているのは、安い商品を作れない。作ったことがないということです。

 

庶民的な商品を作ってたくさん売るという発想がないです。

 

常にハレの日商品。この壁を超えないと厳しいです。

 

それに、ケータリングだけでは、打開策になっていません。

 

冷凍食品を作ったり、ネット通販に対応した加工食品を作るなど、全く新しい視点でのビジネス展開が必要です。

 

ケータリングは、あくまでも一案です。大きく広がることはないです。

 

新たにビジネスを興すくらいの考えが欲しいです。

 

宿泊客が帰ってくるのは、まだまだ先です。

 

そのことも踏まえて、チャレンジが大事です。