【アフターコロナの弁当の商品戦略について】フライパンで調理していない弁当

【アフターコロナの弁当の商品戦略について】フライパンで調理していない弁当

 

新型コロナウイルスの影響で、どの飲食店も弁当のテイクアウトを始められました。通常メニューを弁当にして販売です。

 

ところが、どの店も弁当を販売されています。このあたりで改良・リニューアルが必要です。

 

そこで、一つ大きなポイントになることがあります。それは、フライパンで調理しているかどうかです。

 

フライパンで調理して、弁当を作るのは簡単です。ところが、お客様はそれを望んでいません。

 

プロが作った本格的な料理が食べたいです。

 

だから、店頭や弁当の横に、「当店の弁当はフライパンで調理していません」とPOPを貼るのが有効かもしれません。

 

間に合わせの弁当から、本格的なプロが調理した弁当に変わってきています。

 

弁当も新たなステージに入っています。