【ホテル・旅館が窮状に陥っている理由について】新型コロナウイルス感染拡大の前に行った投資が窮状を招いている

【ホテル・旅館が窮状に陥っている理由について】新型コロナウイルス感染拡大の前に行った投資が窮状を招いている

 

新型コロナウイルスの影響で、宿泊客が激減し、売上が減っている。しかし、窮状に陥っている原因はそれだけではないです。

 

歴史がある建物だから残さないといけないという思いから、閉館せずに営業を続けようとされます。

 

そのため、多額のお金をかえ、耐震工事・建て替えなどに投資されています。

 

ところが、新型コロナウイルスで返済の計画は立ちません。

 

今、改装工事を行っているところも今後どうするのか、先が見えません。

 

観光事業そのものが、見直しを図らないといけない時期に来ています。

 

投資をして、さらに売上を伸ばすというビジネスモデルが効かなくなっています。

 

投資回収を甘く見ない。

 

止めるという決断も必要になってきています。