【飲食店経営が厳しい理由】ダブル家賃

【飲食店経営が厳しい理由】ダブル家賃

 

店舗を借りて営業。家も借りている。

そうすると、ダブルで家賃がかかります。この状態で営業を続けると、世の中の大きな変化があった場合、固定費が大きくなり、経営は厳しくなります。

 

できるだけ、立地の良い場所で営業したいという思いから、店を借りますが、それが大きな負担になります。

 

個人で店舗経営をするなら、自宅兼店舗が良いです。それに、生活も楽です。

 

店までの往復だけでもたいへんです。

 

また、立地が悪い店でも売上を上げる方法があります。おいしい弁当のデリバリーなどを行えば可能です。

 

今どの店も家賃負担で困っておられます。

 

低い家賃でどうやって売上を上げるか?そういうふうに発想が変わってきています。

 

家賃はできるだけ低く抑える。これがアフターコロナの経営法です。