【マスクと危機感について】ユニクロマスクの整理券に並んでいるのは、50歳以上の方が多い

【マスクと危機感について】ユニクロマスクの整理券に並んでいるのは、50歳以上の方が多い

 

今日は、ユニクロマスクの販売開始日。だから、ちょっと様子を見に行ってきました。

 

10時前に店に到着すると、かなりの人がいます。三密どころではないです。本当に危険なくらいの人の数です。

 

ところが、整理券を求めて並んでいる人は、50歳以上の方が多いです。若い人はいません。

 

町中でも、若い人がマスクをせずに歩いている姿をよく見ます。

 

一方、50歳以上の方は、危機感でいっぱい。常にマスクをして、社会ルールをしっかりと守っておられます。

 

だから、高機能のマスクは欲しいです。

 

マスクの需要のターゲット、オシャレや夏用というのではなく、危機感を持っている人にニーズが高いようです。