【お米屋さんの経営課題について】新型コロナウイルスの影響で食品スーパーはかなり米が売れたが、なぜお米屋さんはあまり恩恵がないのか?

【お米屋さんの経営課題について】新型コロナウイルスの影響で食品スーパーはかなり米が売れたが、なぜお米屋さんはあまり恩恵がないのか?

 

新型コロナウイルスの影響で、食品スーパーの今期の業績は、過去最高かもしれません。特に、米の売上増が目立っています。今でも米は山積みで好調です。

 

ところが、お米屋さんは、そんなに恩恵を受けていません。少し売れたくらいで、行列ができたり、パニックになるということはないです。

 

なぜなのか?

 

まず、食品スーパーと同じ土俵で戦っても勝てません。逆に、食品スーパーがやっていない、できないことをやった方が良いです。

 

例えば、ネットで米を売るというのは、お米屋さんにしかできません。信用がないと売れないからです。

 

特に、高い米を売ること。高い米は、ネット向きの商品だからです。

 

こだわりのちょっと高い米をネットで売って下さい。

 

それに、ごはん好き、お米好きの方は、食品スーパーでは買われません。ネットでおいいそうな米を探して買われます。

 

お米屋さんのこれからの課題は、ネットで高い米が売れるかどうかです。

 

そこに、チャレンジして下さい。

 

米は面白い商品です。どこを狙うか、戦略が大事です。