【飲食業界のアフターコロナについて】外国で流行っている料理の店はどうか?

【飲食業界のアフターコロナについて】外国で流行っている料理の店はどうか?

 

平常時と非常時では、繁盛する店のスタイルが違います。

 

例えば、好景気の時とは、ちょっと変わった斬新な店が売れます。外国で流行っている料理の店など、当たります。

 

しかし、非常時には、そういう店はあまり利用されません。冒険をして食事をしようという雰囲気ではないからです。

 

普通にどこにでもある店で、料理も明確でわかっている。ハズレがない、失敗しない料理の方が売れます。

 

弁当などを作ろうとしても、変わった料理では、弁当になりません。

 

時代の流れを読んで店を作る必要があります。

 

もし、今の店のスタイルが厳しいと判断されたなら、大きく変えるべきです。

 

今は、それをしないといけない時だからです。

 

相談があっても一番困るのが、このタイプの店です。

 

コロナに合わせた店を作ることおすすめします。