【ラーメン店のアフターコロナについて】ラーメン店がランチタイム、店内飲食を止めて、テイクアウトのみ

【ラーメン店のアフターコロナについて】ラーメン店がランチタイム、店内飲食を止めて、テイクアウトのみ

 

テイクアウトでも売れるんだ!

 

ラーメンは、店内で食べるのが基本。テイクアウトで持ち帰って食べるものではないという概念がどこかにありました。それに、店で食べないと絶対においしくないと思っていました。

 

ところが、新型コロナウイルスの影響で、営業を自粛しないといけなくなったため、ラーメンのテイクアウトを各店始められました。

 

最初は、ラーメンのテイクアウトなど売れないだろう思っていたのに、それが大ヒット!

 

そのため、自粛が解除されても、店内営業はされず、テイクアウト営業だけにされている店もあります。

 

店内営業の場合は、客席数の問題もあり、1日の売上は上限があります。しかし、テイクアウトに上限はないです。それに、一人で2食以上買って帰られる方がいます。

 

そうすると、店内営業よりもテイクアウトの方が有利です。

 

それを知ってしまうと、もうテイクアウトだけにして、力を入れられます。

 

店内は三密の危険性があります。だから、テイクアウトを伸ばすのは、安全な戦略です。

 

意外なところに、アフターコロナの成功例が出てきています。