【お米屋さんのアフターコロナ対策について】業務用米を中心に販売していましたが、今からでも一般消費者向けの米の販売は上手く行くでしょうか?

【お米屋さんのアフターコロナ対策について】業務用米を中心に販売していましたが、今からでも一般消費者向けの米の販売は上手く行くでしょうか?

 

飲食業界がガタガタです。閉店・廃業が多くなり、そのあおりを受けてお米屋さんも大苦戦。業務用・飲食店用に仕入れた米が余ってしまっています。

 

また、この状況は、まだまだ続きます。すぐには回復しません。秋冬の鍋料理や、忘年会・新年会も期待できません。

 

そうすると、飲食店向けの米の販売は期待できません。早めに、一般消費者向けに力を入れるべきです。

 

ただし、安い米は食品スーパーが得意で、よく売れています。ここで競争しても勝てません。

 

そこで、ネットで売れるこだわりの高い米を売りましょう。そういう米を仕入れることができれば、売れます。こだわりの米の仕入れ次第です。

 

SNSを使って宣伝して行けば、問い合わせが来るようになります。いきなり爆発的に売れることはないですが、新米が入ってくる前に、ネットやSNSの準備をされることをおすすめします。

 

もし、このような米を売ってみたい、このようなやり方をやってみたいという方は、お電話下さい。詳しく説明させていただきます。