【飲食店のアフターコロナに勝つ経営について】弁当が売れる店・弁当の大量注文が入る店を作る

【飲食店のアフターコロナに勝つ経営について】弁当が売れる店・弁当の大量注文が入る店を作る

 

新しい生活様式で、席の間隔を開けないといけない。そうすると、客数は半分になり、売上も半分です。これでは、元の売上に戻すのは難しいです。

 

だから、発想を大きく切り替える必要があります。

 

嫌かもしれませんが、弁当を売ること。この弁当の大量注文がはいること。それが、アフターコロナで勝つ経営です。

 

どうすれが、1日100個以上の弁当が売れるか、それを考えること。

 

例えば、弁当の中身もオシャレな内容のものは、大きくは売れません。売れるのは、炭火焼の焼肉弁当。フライパンで調理していない、本格的な焼肉弁当です。

 

こういう時は、売上重視。売れるものを作ることが大事です。

 

オシャレな変わったものは、売上が上がり、余裕ができてからです。

 

しばらくは、弁当屋になる。それくらいの変化が必要です。

 

飲食店が、弁当を中心に考える。そんな時代になっています。