【飲食店のアフターコロナの経営について】弁当の配達になると、立地は関係なくなる

【飲食店のアフターコロナの経営について】弁当の配達になると、立地は関係なくなる

 

新型コロナウイルスの影響で、飲食店のほとんどが弁当を始められました。最初は、店頭で販売するだけでしたが、さらにデリバリーや配達までするようになっています。

 

デリバリーや配達が発達すると、店の立地は関係ないです。ネットやスマホで食べたい弁当を選んで注文をする習慣が付くと、飲食店の立地も見直す必要があります。

 

例えば、弁当を主力事業と考えるならば、良い立地で家賃の高いところで商売をする必要がないです。

 

弁当の売り方は、飲食店の売上の上げ方とは異なります。

 

大量注文をいただこうと思えば、会社や事業所が多い場所の方が有利です。

 

このように弁当は、今までの飲食店の発想とは違い、全く新しいビジネスだと考えた方が良いかもしれません。

 

それに気づかれた方が、勝つような気がします。