【飲食店のアフターコロナ対策について】夜の弁当の販売は、まとまった数が売れない。個人用になる。

【飲食店のアフターコロナ対策について】夜の弁当の販売は、まとまった数が売れない。個人用になる。

 

お昼の弁当が好調。それに、お客様から夕方や夜も弁当を販売して欲しいという声があります。

 

ところが、夜の弁当の販売は、まとまった数が売れません。個人用になります。会社や事業所などからのまとまった注文予約がないからです。

 

だから、作り置きしていても、ほんの数個しか売れないかもしれません。オーダーがあってから作るという方が、ロスはないです。

 

それと、夜はどうしてもコンビニエンスストアに立ち寄りますので、そちらで弁当や総菜を買う比率が高くなります。

 

よっぽどおいしい弁当がある。夜のごはんは、この店の弁当にするというようなくらい評価の高い弁当でないと売れないでしょう。

 

例えば、こちらの焼肉弁当だったら、焼肉屋さんへ行かなくても良いという感じの弁当です。

 

夜も何個売るのか、その目標数値で体操が異なってきます。

 

夜は昼以上に、慎重に考えられた方が良いです。