【飲食店のアフターコロナ対策について】コロナ前の半分の売上しか戻っていない

【飲食店のアフターコロナ対策について】コロナ前の半分の売上しか戻っていない

 

売上は半分になった。もうこれ以上は、どんなに頑張っても上がらない感じがする。

 

さて、どうするか?

お客様の飲食店に対する考え方や利用の仕方が大きく変化しました。三密が嫌なため、飲食店は利用しないとか、空いている店を選ぶなど、控える方が多くなっています。

 

この傾向は、この先続きそうです。そうすると、何か大きく変えて経営する必要があります。利用できる席を半分にして営業すると、売上は半分です。だから、店内飲食に頼った営業形態ではなく、弁当が売れる店を作るべきです。

 

1日100個以上、弁当を売る。これが、これからの飲食店経営のあり方です。

 

それに、弁当の販売数に上限はありません。注文があれば、いくらでも作れます。そのためには、チラシを持って営業に回ること。これも、これからの飲食店の課題です。

 

おいしい料理さえ作って提供していれば、徐々にお客様が増えるという時代ではなくなっています。

 

飲食店の新たな経営の仕方に変えるべきです。変えないと売上は上がりません。

 

もう一度、どうすべきか、考えてみて下さい。