【テレビの飲食店の立て直し番組について】アフターコロナの立て直しになっていない

【テレビの飲食店の立て直し番組について】アフターコロナの立て直しになっていない

 

店づくりを見直し、チラシを手配りする。店づくりも大きく業態を変えて再出発。これが、今までの立て直しの仕方でした。テレビでなくても、どこもこのやり方をしていました。

 

ところが、新型コロナウイルスの影響で、状況は一変しています。新しい生活様式に合わせた営業スタイルが求められています。さらに、店舗の衛生管理に時間と費用がかかるようになっています。

 

そのため、売上はどんなに頑張っても半分以下です。全席使って、満席にすることができないからです。

 

そうすると、売上が下がった分、弁当で挽回しないといけません。あるいは、弁当が売れる店を最初から作ること。弁当が売れれば、飲食店は楽です。

 

接客も注文取りも、水差しも片付けや洗い物がなく、効率的です。

 

だから、これからは、どうやって売れる弁当を作るかにかかっています。

 

上手く行けば、宅配やデリバリーでさらに伸ばすこともできます。

 

これが、アフターコロナの立て直しです。

 

このことに早く気付いて、立て直しの仕方を見直した方が良いです。