【ラーメン店のアフターコロナについて】テイクアウトの比率がどれだけあるか?

【ラーメン店のアフターコロナについて】テイクアウトの比率がどれだけあるか?

 

私が住んでいる町に、京都の人気店が7月1日から本格的にオープンされました。通常なら、行列ができてすぐに繁盛されると思いますが、コロナの影響があります。しばらく自粛されていて、やっとオープン。

 

そのため、客席数×回転率で売上が読めません。新しい生活様式に合わせて営業しないといけないからです。

 

売上を上げようと思うと、テイクアウトが鍵です。意外と、ラーメン店はこのテイクアウトが延びています。今までラーメンは店内飲食をするものだというイメージがありましたが、それが変わってきています。

 

今売上が高い店は、このテイクアウトの比率が高いです。30%以上テイクアウトの店もあります。

 

だから、これからラーメン店は、店内飲食だけでなく、このテイクアウトをいかに伸ばすかにかかっています。

 

まだまだ家で食べるのが安全と思われています。

 

アフターコロナで、ラーメン店がテイクアウト店になっています。