【飲食店のアフターコロナ経営について】テイクアウトの比率を上げる

【飲食店のアフターコロナ経営について】テイクアウトの比率を上げる

 

大手チェーン店でも、売上が回復しているところは、テイクアウトの比率が70%を超えています。

 

個人店などでも弁当屋になると言って、店内飲食は休止し、弁当のテイクアウトのみに切り替えられた店もあります。

 

もう、店内で食事をする、外食をする時代ではなくなったのかもしれません。

 

おいしい弁当を買って帰る。あるいは、デリバリーに注文をする。それが、普通になっています。

 

店側も弁当なら、店舗経営とは違いコストがかかりません。その分、弁当に原価をかけることができます。

 

だから、どうしても弁当の方が、店内飲食よりも内容が良くなります。

 

このことを知ったお客様は離れません。リピーターになります。

 

これからの飲食店経営は、このテイクアウトをどうやって伸ばすかです。

 

発想を変えて経営されて下さい。