【三密が発生する店の対策について】店側が、テイクアウトをすすめる

【三密が発生する店の対策について】店側が、テイクアウトをすすめる

 

三密になってしまう店は、窓もなく危険です。お客様だけでなく、働く従業員の方のことも心配です。

 

だから、店側が店内で飲食するよりもテイクアウトを積極的に進められています。テイクアウトの場合は、次回使用できる金券を配っておられます。

 

これが、アフターコロナの姿です。できるだけ、テイクアウトにしていただく工夫をする。

 

また、テイクアウトだけの店に変えられたところもあります。

 

さらに、配達やデリバリーをやって、大きく売上を伸ばされた店も出てきています。

 

飲食店のあり方も大きく変化しています。