【夏場でも米が売れている理由】家で食事をする機会が増えたからだけでなく、弁当を会社に持って行く方が増えたから

【夏場でも米が売れている理由】家で食事をする機会が増えたからだけでなく、弁当を会社に持って行く方が増えたから

 

どの食品スーパーへ行っても、米が山積み。それだけ売れているのでしょう。

 

普通、夏場は米が売れなくなる時期です。それなのに売れている。

 

理由は、家で食事をする機会が増えたからだけでなく、弁当を会社に持って行く方が増えたからです。

 

新型コロナウイルスの影響で、ランチは飲食店を利用せず、手作り弁当を持ってくる人がかなり増えています。男性の方でも手作り弁当を始められています。

 

意外なところで、米のマーケットが伸びています。

 

暑くなっても、手作り弁当は続けられると思います。

 

一度慣れたら、弁当は経済的ですし、ますます人気が高まりそうです。