【売れる弁当の3価格について】300円・500円・1,000円(800円)

【売れる弁当の3価格について】300円・500円・1,000円(800円)

 

中途半端な価格や原価から積み上げた価格では売れません。弁当には、売れる価格があります。それに、合わせて価格を付けたり、中身を吟味した方が良いです。

 

まず、300円弁当、昔からよく売れています。それに、最近の300円弁当は中身が格段に良くなっています。1日100個以上売れる店もどんどん出てきています。

 

次に500円弁当ですが、こちらは飲食店様が一番売りやすい価格の商品です。お昼は、ワンコインランチで済ませるという人が増えています。しかし、こちらも中身が大事です。付け合わせをすべて肉系のものにして工夫するなど研究が必要です。

 

1,000円弁当は、ズバリ!焼肉弁当とステーキ丼です。肉の量が多くておいしいと人気になります。私がおすすめしているのは、炭火焼・七輪焼です。そうなると、もう本格的な焼肉屋さんのメニューです。

 

1,000円を超えると、やはり数は売れないです。予約を受ける弁当になります。

 

弁当も価格を間違えないこと。

 

弁当も売れないと意味がないです。