【土用の丑の日の新たな現象について】鰻を買うついでに米を買う

土用の丑の日の新たな現象について】鰻を買うついでに米を買う

 

土用の丑の日は、鰻を買って帰る。ところが、鰻弁当ならごはんはいりませんが、鰻だけを買って帰った場合、ごはんが必要です。

 

そこで、今年は、鰻を買われたお客様が米を買われました。そのため、翌日、米売場の米が少なくなっています。

 

巣籠で、家にいることが多くなったため、鰻は一番の贅沢。しかし、ごはんは炊かないといけません。

 

鰻と米が抱き合わせのように売れていました。

 

同様に、29の日(ニクのひ)も米が売れるかもしれません。

 

ハレの日には、米を買う。新たな現象が生まれています。