【弁当の販売競争について】500円弁当・ワンコイン弁当が一番競争が激しい

【弁当の販売競争について】500円弁当・ワンコイン弁当が一番競争が激しい

 

どの店の前を通っても、500円弁当が店頭に並んでいます。弁当は、ワンコインというのが定着しています。

 

そのため、おいしい300円弁当を出せば、当たります。ただし、利益は少ないので、1日最低100個売る必要があります。それでも、300円になると、一人で仲間の分も含めて10個近く買って帰られる方がおられます。昔の300円弁当とは違い、中身は良くなっていて、手作りのところもあります。

 

一方、中身重視で800円の弁当が売れている店もあります。こちらは、近隣に営業をかけ、大量注文をもらっています。

 

500円弁当で勝負するのか?違う価格で勝負するのか?

 

ここを見極める必要があります。

 

弁当の販売競争、始まったばかりです。これからは、戦略を持って、販売することが大事です。